事例紹介

導入のメリット

  • グループ内企業の付保基準の統一と情報の集中化によるリスク管理の強化
  • 世界的スケールメリットによる保険料の低減
  • 事務手続きの合理化及び一元化
  • 保険会社及びブローカーからの高品質かつ均質なサービス提供
  • 巨大ニューリスク(環境汚染問題、知的財産権、雇用差別問題、リコール等)への対応検討

グローバルプログラム導入検討の背景

  • 海外事業の拡大に伴う世界的なリスクの増加
  • 連結決算ベースによるリスクマネジメントの必要性増加
  • 株主重視経営のための巨大リスクへの対応

推進・運営組織イメージ

推進・運営組織イメージ

期待できる効果

  • 日本本社によるリスクマネジメントの一元管理
    全世界規模でのリスクマネジメントを一元管理でき、グローバルな視点での充実を図り、地域格差や付保漏れ等、カバーのギャップが解消されます。
  • 保険契約に関わる事務ロードの軽減
    各国の保険契約を日本本社で一元管理することで、各海外拠点での保険契約に関わる事務付加を軽減することができます。
  • 保険料コストの効率化
    スケールメリットを最大限に活用することで、グローバルな保険市場の競争原理・引受キャパシティーを活用し、的確な保険プログラムの手配を可能とします。
お問い合せフォーム
豊田通商グループ
このページの先頭へ
  • 勧誘方針
  • 個人情報保護方針
  • バリアフリーポリシー
〒453-6127 名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート27階
TEL:052-584-6334 FAX:052-584-4777

CopyRight © TOYOTA TSUSHO INSURANCE MANAGEMENT CORPORATION. All rights reserved.