キャプティブ

キャプティブ設立の目的

キャプティブとは、自社及び自社グループのリスクを専門的に引受ける再保険子会社です。
おもにミクロネシア連邦、ハワイ、バミューダ等のキャプティブ保険会社法が整備された国・地域に設立され、再保険の仕組み(※1)を利用してキャプティブでのリスク保有が行われます。

多くの企業は保険会社に自社のリスクを移転する為に各種保険を手配し、そのコストとして保険料を支払います。
キャプティブを活用する場合は、保険会社へ移転したリスクと保険料の一部を再保険の仕組みを使って、再度キャプティブへ移転し自家保険化します。
そして、キャプティブにて保有(自家保険化)されたリスクに関して、リスクマネジメント(事故低減活動等)を通じて損害率の低減(=収益性の向上)を図り、自社及び自社グループのリスク移転コストの効率化を実現することが、キャプティブ設立の主な目的となります。

※1:
海外所在の保険会社が本邦のリスクを直接引受けることは認められていない(海外付保規制)為、「保険会社の保険」である再保険契約を国内保険会社と締結して、キャプティブへのリスク移転を行います。

キャプティブの仕組み

キャプティブの仕組み図

【別紙参照】

①一般的な保険の世界
通常の損害保険は、代理店を通じて、日本所在の保険会社で契約を締結。キャプティブが無い場合に関わる世界はここまでとなります。
②再保険とは?
保険会社が自社の為に手配する保険のことで、保険会社としての収益を安定化させる目的で、再保険会社へリスクを移転しています。
③キャプティブ設立
A社に関わるリスクを専門的に引受ける再保険子会社として、A社の出資により設立。
④リスク引受
再保険の仕組みを利用して日本所在の保険会社からキャプティブへリスクを移転。
⑤再々保険手配
キャプティブの保有限度を超えるリスクに関しては、再々保険会社へリスクを移転。
⑥利益の活用
配当金として親会社に還元し、親会社の損害防止活動の原資として活用。
キャプティブ内に留保し、キャプティブの体力を高めて、引受能力の増強を図る。

キャプティブに関する弊社の取り組み

弊社ではキャプティブ設立検討に関するアドバイザリーサービス、キャプティブ設立支援サービス、キャプティブ設立後の運営支援サービスをご提供させて頂くと共に、弊社子会社としてミクロネシア連邦に自らコアキャプティブ(詳細は下記参照)を所有することで、より簡便にキャプティブをご利用頂ける仕組みをご提供させて頂いております。
なお、キャプティブ設立検討に関するアドバイザリーサービスは基本的に無料にてご提供させて頂いておりますので、お気軽にご相談頂きますよう宜しくお願いいたします。

親子キャプティブとは?

ミクロネシア連邦にて設立が可能となるキャプティブ保険会社の形式となり、正式名称はMultiple Corporate Captive(複合会社キャプティブ)といいます。
具体的には、弊社がミクロネシア連邦に所有しているコアキャプティブの子会社としてキャプティブを設立して頂くことで、最低資本金が100万米ドルから10万米ドル(※2)へ低減される他、ミクロネシア内では弊社コアキャプティブの子会社となりますので、弊社キャプティブとの共同運営を行うことで、日常業務の工数を大幅に削減することが可能となります。
また、ミクロネシア連邦でのキャプティブ設立に際しましては、上記以外にも様々なメリットがありますので、お気軽にお問い合わせ頂きますよう宜しくお願い致します。

※2:
10万米ドルはあくまで最低資本金であり、キャプティブで引受けるリスクの規模により10万米ドル以上となる場合もあります。

親子キャプティブの仕組み

【別紙参照】

親子キャプティブの仕組みず

概要

概要表
社名 Toyota Tsusho Reinsurance Micronesia Corporation (略称 TTRM)
所在地 ミクロネシア連邦 ポンペイ州
資本金 1億7000万円(相当)
出資者 豊通インシュアランスマネジメント(株)100%出資
設立 2010年10月
代表者名 川久保 博幸
主な業務 再保険事業 および 親子キャプティブの運営・管理
お問い合せフォーム
豊田通商グループ
このページの先頭へ
  • 勧誘方針
  • 個人情報保護方針
  • バリアフリーポリシー
〒453-6127 名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート27階
TEL:052-584-6334 FAX:052-584-4777

CopyRight © TOYOTA TSUSHO INSURANCE MANAGEMENT CORPORATION. All rights reserved.